大阪市天王寺区空清町のみきクリニック|内科・消化器内科・糖尿病内科・健康診断・内分泌・甲状腺疾患・生活習慣病・動脈硬化症はみきクリニックへ

漢方診療のご案内


■ 漢方とは患者さんの個々の状態を重視した医療です

画像
漢方は、もともと中国(漢)で発達し、日本に渡って独自の発展をしてきた伝統医学です。患者さんの自覚症状を重視し、病気を身体全体の不調和ととらえ、正しくととのえるのが目的。人が本来持っている病気と闘い、治す力(自然治癒力)を高めることに重点をおいています。
漢方薬は、草根木皮を中心に動物由来の物と鉱物などの天然物(生薬)を組み合わせて作らています。西洋医学的な診断に加え、漢方独自の診断によって患者さん一人ひとりの体質にあったお薬を選びます。

■ 漢方問診票をダウンロードし、あらかじめ記入し、来院時に持参していただくと便利です。
  ≫ こちらのページより各種問診票をダウンロードしてください。

教えて漢方Q&A

■ Q1. 漢方薬と西洋薬との違いは?

画像
西洋薬は有効成分が単一で、菌を殺したり、病気に対して強い効果があります。一方、漢方薬は、複数の生薬を組み合わせた薬。それぞれの生薬が、多くの有効成分を含んでいるので、1つの処方でもさまざまな作用を持っています。ですから、複数の病気や症状に効果を発揮します。
また、西洋医学では、同じ原因や症状をとり除くために同じ薬が処方されますが、漢方では、患者さんの体質やそのときの状態によって、その人に合った漢方薬が処方されます。また、違う病気に対しても、体質や症状が似ていれば、同じ漢方薬が用いられることがあるのです。


■ Q2. 漢方薬にも副作用はありますか?

「漢方薬は安全で副作用がない」と思われている人が多いようですが、漢方薬も薬ですから、副作用はあります。合わない薬を飲めば、胃腸障害などが起きることがありますし、また、天然物のソバや牛乳にアレルギーがある人がいるのと同じように、体質によっては、服用中に異変が起こる人もいます。主な副作用として、食欲がなくなる、熱やじんましんが出る、むくみ、動悸、不眠、血圧が上がる…などがありますが、ごくまれに間質性肺炎などの重篤な副作用もありますので、おかしいなと思ったら、すぐに医師や薬剤師に相談してください。


■ Q3. 漢方薬にはどんな種類がありますか?

画像
本来の漢方薬の剤形としては、「湯剤」、「散剤」、「丸剤」、「エキス剤」などの種類があります。「湯剤」は、刻んだ生薬を煮出して成分を抽出するもので「煎じ剤」のことです。現在、医療用として使われている多くの薬剤は「エキス剤」です。当院ではこのエキス剤を使っています。エキス剤は、生薬を煎じた液からエキス成分を抽出し製剤化した、いわばインスタントコーヒーのようなもの。煎じる手間がかからない上、携帯に便利で、服用しやすく、香りもマイルド。長期保存も可能です。


■ Q4. 漢方薬に健康保険は使えますか?

ほとんどの病気や症状に対応できます。現在日本では148種類の漢方エキス製剤(うち軟膏が1種類)が健康保険がつかえますので、多くの病気や症状に対応できます。


■ Q5. 漢方薬の服用時期は?

画像
医療用漢方エキス製剤は通常、食前(食事のおよそ30分前)または食間(食事と食事の間の空腹時)に飲むとされています。空腹時に飲むと気分が悪くなってしまう場合などは、医師などの指示により、食後(食後30分以内)に飲むことがあります。飲み忘れた場合は、飲み忘れにすぐ気づいたときか食後になったとしても飲んで構いません。次の服用時に飲み忘れた分と2回分を一緒に飲むのはよくありません。


■ Q6. 漢方薬の飲み方は?

一般的に微温湯(ぬるま湯)で飲むとよいとされています。エキス剤が飲みにくい場合は、医師などの指示によりエキス剤をお湯にとかしてさましてから、独自の味や香りを楽しみながら飲む方法もあります。お茶やコーヒー、牛乳、ジュースでは、薬の効果に影響することもあるため避けましょう。



■ Q7. 漢方薬の服用期間は?

漢方薬には、風邪などの急性症状があるときに、飲んだ後数時間で即効性が期待できるものと、アトピーやアレルギーなどの体質改善を目的として長く飲み続けるタイプのものがあります。即効性のあるものでは、体質や症状に合っていれば、服用後10~30分ほどで効いてくることもあります。また、長く飲み続けるタイプの漢方薬でも、体質や症状に合っていれば、一般的に飲み始めて2~4週間ぐらいで症状が改善され、体に変化が出てきます。その変化に応じて処方の継続や変更を決めますので定期的な診察が必要です。


■ Q8. 女性医療と漢方の相性は?

画像
女性の体は、毎月の月経、妊娠、出産、更年期など、女性ホルモンの分泌によって、日々変化しています。また、環境の変化やストレスの影響を受けやすく、心と体にさまざまな不調が現われます。冷え性、月経困難症、排卵障害、不妊症、子宮内膜症や子宮筋腫、更年期の不定愁訴、肩こり、腰痛、便秘、吹き出物など、女性を苦しめる症状は多様です。昔から、漢方には女性特有の症状に効果的な薬が多種類あります。漢方はデリケートな女性に合った医療なのです。

診察時間・地図

 
午 前
午 後 × ×
 午 前:9:00〜12:00
 午 後:4:00〜7:00
 ◎:毎週火曜は午後8:00まで診察
 休診日:木・土曜午後/日曜/祝日


より大きな地図で表示

診療メニュー

各種問診票 糖尿病の小部屋 教えて漢方 スタッフ募集